子供の第二次性徴期

第二次性徴期とは?

第二次性徴期?聞いた事ない人の方が多いですよね?
第二次成長期なら聞いた事があるような・・・でも第二次性徴期です。

 

第二次性徴期とは男の子も女の子も身長が大きく伸びる重要な大切な時期なのです。

 

難しい話になりますが第二次性徴期というのは生物学的な性差のことをいうそうで・・・
意味不明ですよね?

 

簡単に説明すると外形的性差すなわち男女の体つきの変化が現れる第一段階ということです。
第二次性徴は発達成熟に伴い生殖能力を持つようになります。そして子供から大人への心身の変化が見られこの過程を思春期と呼んでいます。

 

第二次性徴期が始まるのは男子で平均11歳位、女子で平均10歳と言われていて早ければ男子9歳、女子7歳頃から始まると言われています。
ただし、肥満気味の場合はもう少し早めの傾向にあり若干の個人差があります。
そして身長も大きく伸びる時期にあてはまります。

 

この時期、成長期の子供の骨にしか存在しない骨端線という軟骨の部分が成長します。
やがてこの骨端線は、男子で16歳前後、女子で15歳前後で固まってしまい骨の成長が終了するのです。

 

この第二次性徴期は男の子も女の子も心身ともに重要な時期ですが骨にとっても大変重要な時期となります。

 

第二次性徴期は食事のバランスはもちろん身長の伸びる為に必要な「栄養・睡眠・運動」の3要素に気をつけた生活を心がけることが大変重要です。

 

特に骨や歯の成長に関してはこの時期が終わる前に十分に摂取し貯蔵しなければならないことをしっかり認識して食事するよう心がけましょう。

 

骨端線が固まる前、つまり骨の成長が止まる前の時期は子供の成長にとって大変重要な時期で小学校高学年〜中高生頃です。
この時期に子供サプリなどで栄養補給する事をお勧めします